毎日ムック軽井沢free
トップページ 軽井沢free購入ページ クーポン おすすめスポット おすすめリンク お取り寄せリンク グルメ&ショップ&ステイ


 
★旧軽井沢編★
 

御膳水

真夏でもひんやり涼しい
清々しい湧き水の流れ
ホテル鹿島ノ森の裏手にある雲場池の水源。階段を下って行くと、こんこんと湧き水が流れ、清涼な空気が漂う。このせせらぎが約500m離れた雲場池に注ぐ。クレソンも自生、ほとりにはベンチもある。サイクリングの場合、三笠通りから御膳水、その後、雲場池へと走る方がルートが下りになるので楽。

<<おすすめスポット トップへ

幸福の谷

聞こえてくるのは
鳥のさえずりだけ
カラマツの森と石畳の道

万平ホテルの近くにある、歴史ある別荘地。その昔、「ハッピー・バレー」と外国人避暑客に名付けられた。明治時代に外国人避暑客たちが別荘を建てた地域で、作家の川端康成もイギリス人宣教師から山荘を購入した。石畳の道が続いているだけなので、「これだけ?」といえば、これだけ。森と苔のアロマが漂う中、ゆっくり歩いて軽井沢らしさを味わおう。

<<おすすめスポット トップへ

室生犀星俑人像・室生犀星記念館


室生犀星記念館は庭も美しい

 


矢ヶ崎川のほとりの
室生犀星俑人像

軽井沢を愛した文学者の足跡

ニ手橋を渡って矢ケ崎川沿いに左へ4〜5分行くと、川のほとりに室生犀星の文学碑と一対の石像が立っている。この俑人像の下に犀星夫妻の遺品が納められているという。
犀星は軽井沢を愛した作家だ。1931(昭和6)年には別荘を建て、毎夏を過ごした。
この別荘は旧軽銀座の脇道にあり、「室生犀星記念館」として7月中旬〜10月、公開されている。

<<おすすめスポット トップへ

軽井沢観光会館

旧軽銀座のほぼ真ん中
歩き疲れた時は、旧軽銀座の中ほどに位置する軽井沢観光会館へ。観光案内や宿泊施設紹介の相談窓口をはじめ、カウンター席のある無料休憩コーナー、有料トイレ(100円)、軽井沢町の立体地図、シアタールームなどがある。旅行者に貴重な情報を提供してくれる、心強いアドバイザーだ。
●DATA
開館:9時〜17時(夏期延長あり) 12月28日〜31日以外無休 ・0267・42・5538

<<おすすめスポット トップへ

★おまけ★ 近代建築ウオッチング
軽井沢会テニスコート
・ハウス
ユニオンチャーチ
軽井沢集会堂
大正〜昭和にかけて軽井沢で活躍した建築家の一人がW・M・ヴォーリズ(1880〜1964)。木造2階建ての軽井沢集会堂はその代表作で、軽井沢会テニスコート・ハウス、ユニオンチャーチの改築設計も行っている。この3つは旧軽銀座の雑踏から少し離れているため、建築ウオッチングを兼ねての散策ルートとしてもおすすめ。

<<おすすめスポット トップへ




発行●毎日企画サービス TEL.03-6265-6806 (編集制作課) 発売●毎日新聞社 TEL.03-3212-0321 (代)
Copy Right [C] 2008  Mainichi Kikaku Service  All Rights Reserved